妊娠すると気になること|乾燥肌を防ぐための対策法|化粧品利用から生活改善まで
女性

乾燥肌を防ぐための対策法|化粧品利用から生活改善まで

妊娠すると気になること

コスメ

出来やすい人の特徴とは

妊婦さんにとって妊娠線はとても気になることですが、妊娠線は妊娠したすべての人にできるわけではなく、約3割の人には出産まで妊娠線ができないと言われています。妊娠線が出来やすい人の特徴は、体重コントロールがうまくできず、急激に12kg以上体重が増えた人、妊娠前から痩せていて小柄な人です。また双子や三つ子の場合、当然お腹は大きくなる分、皮膚は伸びるので、妊娠線ができやすくなります。他にも、アトピー体質の人、経産婦の人、35歳以上の高齢妊娠の人、乾燥肌の人ができやすいです。上記に挙げた特徴の人は、毎日の肌のケアやバランスの取れた食事や、適度な運動で体重をコントロールし、妊娠線を予防することは可能です。

予防には保湿が大切です

妊娠線予防クリームは、多くのメーカーから色々なものが発売されています。妊娠線を作らないためには、まず十分に保湿することが大切です。妊娠線予防クリームはビタミンやコラーゲンやなどがたっぷりと含まれていて、高い保湿効果が期待できるものを選びましょう。妊娠すると女性は妊娠前より肌が乾燥しやすくなる場合が多いため、普段の肌のお手入れで使っている美容液や保湿クリームでは高い保湿効果は得られないかもしれません。その場合は、保湿効果の高い、スクワランオイルや馬油などを使うことをお勧めします。妊娠線予防クリームでは乾燥してしまうという方は、クリームを塗った後に、これらを塗ると、蓋になって乾燥を防ぐ役割をしてくれます。